探偵”椿”の浮気調査室

探偵”椿”の
浮気調査室

探偵社の浮気調査費用や経費、契約前に気をつけるポイント

探偵社に浮気・不倫調査を依頼した場合、どういった料金体系で費用がいくらかかるのか、お教えします!

探偵社に浮気・不倫調査を依頼した場合いくらかかるのか、ご存知の方は少ないのではないでしょうか?

浮気調査は、どの探偵社に依頼しても数十万円から場合によっては百万円を超える、決して安くない費用がかかります。 したがって複数の探偵事務所から見積りを取って比較検討をする場合が多くありますが、 探偵事務所によって料金体系がまちまちで経費の扱いなども異なるため、単純な比較をすることができない場合が多々あります。

このページでは探偵事務所が採用している料金体系について、探偵業界に詳しくない方でも比較検討ができるよう、簡単に説明したいと思います。

浮気調査の料金体系

探偵事務所の浮気・不倫調査における料金体系は、大きく以下の4つの料金体系タイプに分類されます。 (厳密にはもっと細分化されますが、あまり一般的ではないものは除外しています)

調査員の1時間あたりの単価を基準にする料金体系

調査員1名の1時間あたりの単価を基準にする料金体系です。

「実際に浮気調査を行った調査員の人数と時間」がそのまま料金に直結することから、料金が明瞭で依頼者も理解しやすく、最近はこの料金体系を採用する探偵事務所が増えています。 なお、この料金体系の単価は調査員1名1時間あたり5,000円~8,000円くらいが一般的です。

単位
1時間単位
単価例
5,000~8,000円(調査員1名)
経費
基本的に別途
計算方法
単価 × 行動調査時間 × 調査員の人数 + 経費

調査員の人数と最低稼動時間(稼動)を基準にする料金体系

調査員の人数と最低稼動時間を稼動という探偵業界特有の単価で表現し、何回の稼動(行動調査)を行ったかで金額が決定する料金体系です。

少々分かりづらいですが、例えば「調査員2名が4時間の調査を実施」という1回の浮気調査の行動を1稼動と表現します。(1稼動の調査員の人数と時間は、探偵社によって異なります)

ちなみに「最低稼動時間」という表現からもわかる通り、最低稼動時間よりも実際の調査時間が短かった場合でも、最低稼働時間分は行動調査したものとして計算されます。(最低稼働時間が4時間だった場合、行動調査が仮に1分でも10分でも4時間ちょうどでも、1稼動として計算されます)

単位
稼動単位
単価例
40,000~60,000円(1稼動)
経費
基本的に別途
計算方法
稼動 × 稼動回数 + 経費

必要な調査員人件費と経費がセットになっている料金体系

行動調査に必要な調査員人件費と、浮気調査で必要となる経費がセットになっている料金体系です。 探偵事務所によってはパック料金という表現が使われることもあります。

セット料金には、セットに含まれる行動調査の時間と最低稼働時間が設定されています。 例えば「Aプラン(15時間の行動調査、最低稼働時間3時間)」と記載されている場合、15時間までの行動調査が費用に含まれていて、最低稼働時間の3時間以上で自由に行動調査を依頼することができます。 (最低稼働時間の3時間で行動調査を行うのであれば、15÷3=5回の行動調査が行えます)

行動調査がセットに含まれる時間を超過したり、特殊な機材を使う場合など例外的な対応が必要な場合を除いて、支払いの金額が定額となるため、シンプルで理解しやすい料金体系といえます。

単位
セット料金単価
単価例
350,000円(調査員1名30時間の行動調査、行動調査は3時間以上5回まで)
経費
セット料金に含まれる
計算方法
セット料金

成功報酬の料金体系

行動調査が成功した場合に、成功報酬として料金を支払う料金体系です。

事前に着手金として一部の料金を支払う成功報酬のパターンと、調査が成功しなかった場合は一切の費用を支払わなくて良い完全成功報酬のパターンの2種類があります。

依頼する側としては、どうしても浮気・不倫調査が失敗した場合のことを考えてしまうため、失敗した場合は着手金のみ(完全成功報酬の場合は費用がかからない)という点は魅力的に映りますが、逆に成功した場合は割高になる料金体系という事を覚えておきましょう。

単位
調査単位
着手金
0~100,000円
単価
200,000~400,000円(1調査あたり、成功した場合のみ)
経費
成功報酬に含まれる
計算方法
(着手金) + 成功報酬

探偵事務所により採用されている料金体系は様々ですが、最近は「調査員の1時間あたりの単価を基準にする料金体系」を採用している探偵事務所が多くなってきました。 浮気調査の費用はほとんどが調査員の人件費のため、調査員の人数と時間と直結したこの料金体系は相談者も理解しやすいからという理由ではないかと思います。

行動調査でかかる経費実費が請求される場合が多いですが、実費以外でも「行動調査の前に現場の下見した際に要した費用」(予備調査費)や「自社の所有する車両」(車両費)というものが請求されることがあります。 経費の確認を怠ると、想定外の出費となる可能性があるため、見積りの歳に必ず確認するようにしましょう!

費用の支払いは、基本的には前払いですが、成功報酬の料金体系の場合は後払いの場合があります。 このあたりは探偵社によって異なるため、事前に確認するようにしてください。

最近は大手探偵事務所をはじめ、クレジットカードで支払える探偵事務所も増えてきましたが、クレジットカードに対応していない探偵事務所もありますので、 クレジットカードで決済したい場合は探偵事務所にクレジットカードの決済に対応しているか聞いてみると良いでしょう。

浮気調査の料金相場

浮気調査の料金相場を知らないと、悪徳探偵社に高額な費用で契約させられることも!料金相場を知って、賢く浮気調査を依頼しましょう。

料金体系が探偵社によって様々ですが、どの料金体系であっても総額がいくらで経費として別途どのような費用が発生するのかを確認することが最も重要です!

目安として、一般的な浮気調査と報告書作成、各種諸経費を合計した総額の相場は100,000円+(50,000円×調査日数)で計算できます。 (あくまで目安です。出張を要する遠方での調査だったり、多くの調査員を必要とする難易度の高い調査などはこの限りではありません。難易度の高くない「一般的な浮気調査」を行った場合の目安とお考えください)

既に浮気していることが確定していて、浮気を実行する日時と場所まで予めわかっている場合は、運がよければ2日~3日程度の行動調査で結果が出せますので、20万円~25万円前後で浮気調査を行うことができます。

但し、浮気を実行する日時と場所が事前にわかっていたとしても、直前で時間や場所が変更になったり、何からの理由で不貞行為に及ばなかったりということはよくありますので、3日の行動調査がピンポイントで行えて、3回とも証拠が取れるケースは、かなり稀です。

圧倒的な調査力と機材で、国内最高クラスの浮気調査成功率!全国対応無料の原一探偵事務所

「夫や妻が不倫・浮気をしているのでは…」「浮気をしているのは間違いなさそうなんだけど、どう対応したらいいのかわからない…」そんなときは、 無料の電話相談を使って浮気調査に強いカウンセラーに相談すると良いでしょう。

電話相談のみであれば費用は一切かかりませんので、カウンセラーに話を聞いてもらったりアドバイスを貰うことで、浮気調査を依頼せずとも解決できることがあります。

原一探偵事務所は24時間・365日、浮気調査に強く、経験豊富なカウンセラーが相談を受け付けています。 全員が浮気問題や離婚裁判に精通しており、女性の相談も多数在籍していますので、女性の方も安心して相談することができるでしょう。

無料相談後、浮気調査を依頼した際の調査品質ももちろん万全です。 原一探偵事務所は日本最大手の探偵事務所で42年80,000件以上の調査実績があり、数多くのTV番組の調査協力実績が裏付ける通り、調査力と報告書品質は折り紙つきです!

原一探偵事務所は24時間・年中無休で浮気調査に強い専門カウンセラーが無料相談を受け付けています。 カウンセラーから的確なアドバイスを受けられれば、浮気問題が簡単に解決する事も! 一人で悩まずに、無料相談を上手に利用して浮気問題を解決しませんか?

平日も24時間無料相談を受付中

公式サイトから無料相談を行う 12428

"椿"の浮気調査コラム

"椿"の浮気調査コラムをもっと見る

浮気・不倫コラム